脱毛期間中の日焼け対策はこれで完璧!オススメ日焼け対策法

日傘

脱毛中に日焼けをしてしまうと、お肌に炎症を引き起こしてしまったりして、脱毛効果に影響が出てしまう可能性があります。

そのため基本的にはNGですから、ぜひとも避けたいところです。

ただ、「日焼けについて普段あんまり意識してないから、日焼け対策の仕方がわからない…」というケースも多いのではないでしょうか。

そこで今回はそんなあなたのために、紫外線をしっかりカットできるおすすめの日焼け対策法について、いくつかご紹介していきます。

日焼け止め

まずは、UVカットに欠かせない「日焼け止め」

ですが、日焼け止めには種類がたくさんあって、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

日焼け止めを選ぶ際には、「SPF」と「PA」の値が重要になってきます。

⇒ SPFとPAについて詳しくは、こちらの記事(脱毛中の日焼け対策…知っておきたい日焼け止めの数値の意味)をご覧ください。

SPFとPAについては、状況によって以下を目安に選ぶといいでしょう。

  • 日常生活……SPF10~20・PA+~++
  • 屋外でのスポーツ……SPF20~30・PA++~+++
  • 海水浴や炎天下の場所……SPF30~40・PA+++~PA++++
  • 紫外線が非常に強い場所……SPF40~50・PA++++

ただし、人によって紫外線の影響を受けやすかったり、逆に受けにくかったりする場合があります。

ですので、できればいくつかの商品を何度か試して、自分のお肌に合った数値の日焼け止めを見つけるようにしましょう。

ファンデーション

続いては、日焼け止めの上から塗ることも多い「ファンデーション」

最近ではUV対策にも効果があるファンデーションが、たくさん販売されています。

日焼け止めと同様にSPFとPAの数値が記載されているものも多いので、意識して選ぶと良いでしょう。

なお、効果をちゃんと発揮させるには、塗る順番も重要になってきます。

理想的な順番は、

  1. 化粧水・乳液などのスキンケア
  2. 日焼け止め
  3. 下地
  4. ファンデーション
  5. パウダー(リキッドファンデーションの場合)

です。

お化粧をすることで、さらに効果的に紫外線を対策しましょう。

日傘

次に、年配の女性が使うものというイメージもある「日傘」

ですが、最近では若い女性でも、多くの方が日傘を使用するようになってきています。

紫外線を防ぐ方法としてはかなり効果的なグッズですから、積極的に活用したいですね。

日傘を選ぶ基準としては、光を通しにくい黒っぽい色のものが良いでしょう。

また、持ち歩きに便利な折り畳み式もおすすめですよ。

衣類

もう1つご紹介しておきたいのが、「衣類」です。

衣類に気をつけるだけでも、効果的に紫外線をカットすることができます。

以下のようなものを活用してみるといいでしょう。

  • 帽子

顔全体に影ができるようなツバの広いものがおすすめです。

  • カーディガン

薄手でも濃いめの色を選べば、十分に光をカットすることができます。

  • ストール

春夏用のストールを首元に巻くことで、首の日焼けを防ぐことができます。

  • アームウォーマー

肩から手首までのアームウォーマーをつけることで、半袖やノースリーブでもしっかりと紫外線対策ができます。

  • UVカットストッキング

最近では紫外線透過率を減少させるUVカットストッキングが販売されています。
履くだけで簡単に紫外線を防止できるので、おすすめです。

自分に合った日焼け対策を!

以上、さまざまな日焼け対策法をご紹介してきました。

脱毛期間は長いですのでちょっと面倒ではありますが、日焼け対策はしっかり行う必要があります。

今回ご紹介した対策法を参考にしながら、ぜひあなたにぴったりの日焼け対策をみつけてくださいね!

この記事を読まれた方は、こちらの記事も読んでいます

このページの先頭へ