脱毛中の日焼け対策…知っておきたい日焼け止めの数値の意味

日焼け止め

脱毛中の日焼けは、基本的にNG

お肌にトラブルが起こらないようにするためにも、脱毛中の日焼けには十分な対策が必要です。

日焼けの原因は、ご存知の通り紫外線(UV)ですよね。

そして、UVカットに最も効果的なアイテムとしては、「日焼け止め」が挙げられるでしょう。

さて、この日焼け止め。

パッケージに「SPFxx  PA+」というような記載がされていますが、あなたはこの意味をちゃんと理解できているでしょうか?

周りの人たちにも聞いてみたのですが、分からないまま使っていることも結構多いようなんですね。

このように、案外と知られていない日焼け止めの「SPF」と「PA」の意味。

そこで今回は、脱毛中に必須である日焼け止めの基礎知識として、「SPF」と「PA」が示している数値の意味について、お話していきたいと思います。

SPFとは?

まずは、「SPF」についてお話していくことにしましょう。

SPFとは、「サン・プロテクション・ファクター」を略したもの。

しみなどの原因となる紫外線B波の防止効果を表しています。

日焼け止めのパッケージには、「SPF30」などといった記載されていますよね。

この場合ですと、「30」という数字が紫外線B波に対する防止効果を表す数値です。

ただ、このとき勘違いしてしまいがちなのが、この数値が「紫外線をカットする能力」と思ってしまうこと。

実は、この「30」という数値が意味するのは、日焼けが始まるまでの時間をどのくらい遅らせることができるか、ということなんです。

数値が大きければ大きいほど紫外線をカットできる、というわけではないんですね。

SPFは、あくまでも日焼けが始まってしまうまでの時間をどの程度遅らせることができるのかを示しているに過ぎない、ということ押さえておきましょう。

ちなみに、通常ですと、日焼けは紫外線を受けてから20分前後で発生し始めます。

もしSPFが30の日焼け止めであれば、日焼けするまでの時間を「30倍」遅らせる、という意味になります。

つまり、通常20分で始まる日焼けを、30倍の「600分(=10時間)」遅らせることができる、ということです。

なので、ちょっとした買い物であれば、SPFは「20」のものでも大丈夫でしょう。

反対に、長時間の外出であれば「SPF50」など、高い数値のものを選ぶようにしたいですね。

繰り返しになりますが、SPFは紫外線をカットする能力を表す数値ではありません。

ですので、「今日は日差しが強いから、SPFの値がが高い日焼け止めを…」というのは、間違った選び方。

外出時間に合わせて、SPFの数値を選ぶようにしましょう。

PAとは?

続いては、「PA」についてお話していきましょう。

PAとは、「プロテクション・グレイド・オブ・UV-A」を略したもの。

つまり、お肌を黒くする紫外線A波に対する防止効果の程度を表しています。

このPAには、

  • PA+
  • PA++
  • PA+++
  • PA++++

の4段階があり、「+」の数が多いほど紫外線A波に対する防止効果が高いことを意味しています。

PAはSPFとは違い、紫外線への防止効果の高さそのものを表しているものです。

なので、PAについては、紫外線の強弱に応じて適した値になっている日焼け止めを選ぶようにしましょう。

例えば、

  • ショッピングなど日常生活の外出であれば、「PA+」や「PA++」
  • 屋外でのスポーツや海水浴では、「PA+++」や「PA++++」

といった具合になるかと思います。

状況に応じて適切な日焼け止めを使いましょう!

以上、日焼け止めの「SPF」と「PA」の示す値の意味についてお話してきました。

このように、そのときの外出時間や紫外線量などに応じて、SPFとPAが適切な値になっている日焼け止めを選ぶ必要があります。

なので、できることであれば複数の日焼け止めを用意して、臨機応変に使いわけるようにしたいところですね。

なお、紫外線は、窓ガラスや雲を通り抜けやすい性質を持っています。

したがって、曇りの日やドライブデートの日であっても、油断せずにしっかりと紫外線対策を行うよう心がけましょう。

せっかくお肌をキレイにするために行っている脱毛。

日焼けによってお肌にトラブルが起こってしまっては、元も子もありませんよね。

脱毛中は、紫外線を防ぐためにも、しっかりと日焼け止めを塗るようにしましょう。

この記事を読まれた方は、こちらの記事も読んでいます

このページの先頭へ