脱毛タオルにはホントにムダ毛を処理できる効果があるのか?

脱毛タオル

背中や腕をこするだけでムダ毛を処理できるというウワサの「脱毛タオル」。

でも、本当にそんな簡単な方法で、きちんとムダ毛を処理する効果があるのでしょうか?

そこでこちらの記事では、

  • 脱毛タオルでの脱毛しくみ
  • 脱毛タオルによる脱毛のメリットとデメリット

などについて、お話していくことにします。

脱毛タオルによる脱毛のしくみ

ドラッグストアなどで販売されている脱毛タオル。

脱毛タオルは、

  • タオルの繊維に毛を絡めて抜く
  • タオルの繊維によって毛をカットする

ことでムダ毛を処理するというしくみのものです。

カミソリやシェーバーが届きにくい背中での使用を目的として販売されている商品が多いですね。

脱毛タオルの使い方

次に、脱毛タオルの使い方について、お話していきます。

ただ、実のところ、

  1. 通常の入浴時に体を洗うのと同じように、脱毛タオルにボディーソープをつける
  2. 脱毛タオルで背中をこする(強くこすりすぎないのがポイントです)

というだけです。

いつものタオルと同様に使用できるので、かなり手軽に脱毛できることになりますよね。

脱毛タオルによる脱毛のメリットとデメリット

では、脱毛タオルによる脱毛には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

それぞれ詳しく見ていくことにしましょう。

メリット

手間がかからないからラク

普段の入浴時に行えるため、とにかく手間がかかりません

いつも体を洗うようにお肌をこするだけでムダ毛が処理できるので、とても簡単です。

また、処理にしにくい背中のムダ毛を簡単に処理することができます。

値段が安い

脱毛タオルの価格は、800~2,500円程度が相場。

しかも何度も使用し続けられるものですので、非常にコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

美肌効果がある

脱毛タオルでお肌をこすると、ムダ毛と一緒に古い角質を取り去ることができます。

このことによって、お肌の状態が向上することも期待できるんです。

ムダ毛処理と同時に美肌効果を得られるなんて、何だか得した気分になりますよね。

デメリット

太い毛には効果が薄い

脱毛タオル最大のデメリットは、太い毛にはほとんど効果が期待できないということです。

実は、脱毛タオルで処理できるのは、産毛のように比較的細く柔らかい毛だけ。

毛が濃かったり太い場合には、脱毛タオルのみで処理するのは難しいですね。

赤みやかゆみがでる可能性がある

脱毛タオルは、特殊な編み方をしています。

ですので、人によってはお肌に合わず、赤みやかゆみが出る可能性があります。

また、こすりすぎて乾燥を引き起こしてしまうリスクもあります。

きちんとムダ毛処理をするなら光脱毛!

このように、脱毛タオルは、簡単に使える道具ではあるものの、残念ながら効果は限定的です。

なので、「完璧にムダ毛を処理したい!」といったときには、脱毛タオルだけでは物足りないでしょう。

ムダ毛をしっかり処理してそのうえ自己処理の負担を軽くしたいのであれば、やはり「光脱毛」がおすすめです。

光脱毛では毛根を破壊するため、半永久的に毛を生えてこなくすることが可能です。

脱毛タオルより費用は高額になってしまいますが、一度完了してしまえばその後は自己処理も不要になります。

自己処理の手間がすべて省けるようになるなんて、夢のようですよね。

「ムダ毛を完璧に処理して手間がかからないようにしたい!」とお考えのあなた。

ぜひ光脱毛を検討してみることをオススメします。

(脱毛サロンでの光脱毛については、こちらの記事「脱毛サロンでの流れはどんな感じ?~予約から施術終了まで~」も参考にしてください。)

このページの先頭へ