脱毛テープのメリットとデメリット~痛くない?お肌に悪い?

脱毛テープ

簡単にムダ毛を処理できる「脱毛テープ」。

ドラッグストアなどで目にすることも多いと思います。

今回は、

  • 脱毛テープによる脱毛のしくみ
  • 脱毛テープを使うことのメリットとデメリット

などについて、お話していくことにしましょう。

脱毛テープによる脱毛のしくみ

脱毛テープは、粘着力の高いテープです。

これをお肌のムダ毛のある部分に貼り付けて剥がします。

そうすることによってムダ毛を引っこ抜く、というしくみです。

今では、いろいろな脱毛グッズが販売されていますよね。

脱毛テープは、それ以前からあった昔ながらの脱毛グッズです。

脱毛テープの使い方

次に、脱毛テープの使い方を細かく見ていきましょう。

多くの商品では、

  1. 脱毛テープの保護シートをはがす
  2. 脱毛テープを脱毛したい部分に貼る
  3. 脱毛テープを一気に剥がしてムダ毛を抜き取る
  4. お肌を冷やして毛穴を引き締める

というような流れで使用します。

ちなみに現在では、手足やワキなど、さまざまな部位に応じた大きさの脱毛テープが販売されています。

脱毛テープを使うことによるメリットとデメリット

では、脱毛テープにはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか

それぞれ見ていくことにしましょう。

メリット

即効性がある

脱毛テープをべりっと剥がしてしまえば、ムダ毛がすぐになくなります。

即効性があるので、急を要するときでもすぐにムダ毛を処理することができます

カミソリより効果が長持ち

ムダ毛を毛根から引っこ抜いてしまうので、カミソリより効果が長持ちします。

通常では、10日~2週間前後効果が持続するケースが多いです。

価格が安い

多くの商品の価格は、700~800円と格安です。

この程度であれば、続けて購入しやすいですよね。

デメリット

痛みが強い

脱毛用と言えども、あくまでも「テープ」なので痛みは非常に強いです。

ムダ毛を引っこ抜いてしまうほどの力がかかるので、痛みのはある意味仕方がないのかもしれませんね。

お肌に良くない

脱毛テープで毛を引っこ抜く際には、毛穴が広がります。

そうすると、開いた毛穴から雑菌が入り込み、炎症を起こしてしまう危険性があります。

また、刺激も非常に強いため、赤み・痒みなどのお肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。

ですから、決してお肌に良いものとは言えませんね。

毛が短い状態では効果が薄い

毛が引っこ抜けるのは、「ある程度の長さの毛」のみです。

毛が短い状態では、抜けずに効果が薄くなってしまうことがあります。

お肌をいたわるなら光脱毛がおすすめ!

このように、脱毛テープは気軽に使えて効果も持続するというメリットがあります。

一方で、お肌に良くないという最大のデメリットがあることもお分かりいただけたでしょう。

急なときのムダ毛の処理法として脱毛テープを使用するのはアリかもしれません。

ですが、定期的な処理法として使用続けていくのは、避けたほうがいいでしょう。

お肌に優しくムダ毛を処理していくのであれば、やはり脱毛サロンでの光脱毛がおすすめです。

光脱毛もお肌に光を当てるので少なからずダメージはありますが、脱毛テープと比べるとはるかに小さいものです。

また、美容のプロが処理をしてくれるので、安全性は抜群です。

加えて、光脱毛を完了させれば、半永久的にムダ毛が生えなくなるというメリットもあります。

一生続けられるお肌に負担が少ない脱毛をお探しであれば、ぜひこの機会に光脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

(脱毛サロンでの光脱毛については、こちらの記事「脱毛サロンでの流れはどんな感じ?~予約から施術終了まで~」も参考にしてください。)

このページの先頭へ