永久脱毛は実は永久じゃないってホントなの?~定義について

疑問

脱毛サロンでの脱毛と聞いたときに思い浮かぶのは、「永久脱毛」という言葉ですよね。

永久脱毛というと「一生毛が生えてこない」というイメージがあるのではないかと思います。

ですが、本当に一生毛が生えてこないのでしょうか?

今回は、誤解しやすい永久脱毛の定義について、お話していくことにしましょう。

「永久脱毛=永久に毛が生えてこない」というのは間違い?

実は、一般的にいう「永久脱毛」というのは、永久に毛が生えてこなくなるわけではありません

特に、脱毛サロンで行っている「光脱毛」は、刺激が少ない比較的弱い照射です。

なので、ムダ毛が再発してしまうリスクがあるんです。

(詳しくは、こちらの記事(ムダ毛を脱毛してもまた再生してくることがあるってホント?)をご参照ください。)

永久脱毛の定義とは?

では、一般的な永久脱毛の定義とは、どのようになっているのでしょうか?

日本で「永久脱毛」と謳っている脱毛サロンの多くは、アメリカで定められた永久脱毛(Permanent Hair Reduction)の定義に則っています。

そしてこの定義は、「脱毛の施術を受けてから1カ月後の毛の再生率が20%以下である」というものなんです。

すなわち、永久脱毛とは「一生毛が生えない永久的な効果」を指すものではありません。

施術から1カ月経ったあとに80%の毛が生えてこなければ、「永久脱毛」ということになってしまうんです。

永久脱毛というと一生毛が生えてこなくなることをイメージしてしまいますから、勘違いしてしまいがちですよね。

このように、いくら永久脱毛を謳っていても、毛が再発するリスクが存在するということを頭に入れておきましょう。

永久に毛が生えてこない脱毛方法は?

最初にお話したとおり、光脱毛はムダ毛再発のリスクが高い脱毛法です。

一方で、永久に毛が生えてこないような脱毛法があります。

それが、「ニードル脱毛」という方法です。

ニードル脱毛では、毛穴のひとつひとつに電流を流して毛根を破壊するので、高い効果を得ることができます。

ほぼ永久に毛が生えてこない方法と言っていいでしょう。

ただ、ニードル脱毛は料金が高額なので、全身を処理するというのはあまり現実的ではありません。

また、光脱毛に比べて痛みが強いというのも、デメリットのひとつです。

したがって、ニードル脱毛は、「絶対にムダ毛が再発してほしくないパーツのみの部分脱毛」として検討するのが良いかもしれませんね。

(脱毛方法の違いについて詳しくは、こちらの記事(ニードル脱毛やレーザー脱毛とは?~フラッシュ脱毛との違い)をご参照ください。)

脱毛サロンでの脱毛でムダ毛の再発に備えるには?

脱毛サロンで脱毛を行う場合にムダ毛の再発に備えるには、以下のポイントを意識するといいでしょう。

  • 十分な施術回数を契約する
    • 施術不足の毛の再発を防ぐため
  • 無制限脱毛を選択する
    • 回数期間無制限の契約をすることによって、ムダ毛が再発したときにもすぐにメンテナンスができる状態にしておくため

このようにすることで、永久的な効果が得られなくとも生涯ツルツル肌をキープすることができます。

永久脱毛と言えども「永久ではない!」ということを認識したうえで、脱毛プランを練っていくようにしましょう。

このページの先頭へ