サロン脱毛とクリニックでの医療脱毛の違いを比較すると…?

疑問

「ムダ毛を処理しよう!」という決断をされたあなたへ。

そうなると、はじめに、

  • 脱毛サロンで脱毛を行うのか?
  • クリニックで医療脱毛を行うのか?

について検討しなければなりませんね。

では、脱毛サロンでの脱毛とクリニックでの医療脱毛には、どのような違いがあるのでしょうか?

さまざまな面から、比較していくことにしましょう。

そもそも脱毛の方法が違う!

まず、両者で基本的に異なるのが、「脱毛の方法」です。

それぞれの脱毛方法について、お話していきましょう。

脱毛サロンでの脱毛の方法

脱毛サロンでは、「光(フラッシュ)脱毛」という方法が採られています。

これは、IPLなどのマシンを使用して、波長の長い光を照射します。

そして、黒い部分である「メラニン」を刺激することで脱毛効果を得る方法です。

クリニックでの医療脱毛の方法

クリニックでは、「医療レーザー脱毛」という方法が採られています。

これは、ダイオードレーザーなどの医療用レーザーを用いて、単一波長のレーザーを照射する方法です。

こちらもやはり、黒い部分に反応することで脱毛効果を得ます。

詳しいメカニズムについては、こちらの記事(ニードル脱毛やレーザー脱毛とは?~フラッシュ脱毛との違い)をご覧ください。

脱毛サロンでの脱毛とクリニックでの医療脱毛の比較

では、脱毛方法が異なると、

  • 痛みの強さ
  • 脱毛の効果
  • 費用

にはどのような違いが出てくるのでしょうか?

それぞれについて、比較していきましょう。

痛みの強さ

「痛みの強さ」においてポイントとなるのは、使用している「光の種類」です。

それぞれ、

  • 脱毛サロンで行われる光脱毛:波長が長い光
  • クリニックでの医療レーザー脱毛:単一波長の光

を使用しています。

波長が長い光は、広い面積を照射することになります。

反対に、単一波長の光は、照射が狭い面積に集中します。

光が狭い面積に集中するということは、ある一点にかかる負担が大きくなるということになりますね。

ですから、単一波長の光を使用する医療脱毛のほうが、痛みもその分だけ強くなるわけです。

ちなみに、痛みには個人差がありますが、脱毛サロンでの脱毛は「くすぐったい」という程度に感じる方が多いようです。

[参考記事]

光脱毛ってやっぱり痛いの?~その理由と強く出る部位とは?

脱毛の効果

脱毛の効果に関しても、やはり「光の種類」がポイントになります。

脱毛サロンでの光脱毛では、一点にかかる照射量が少なくなるため、効果の表れ方は弱くならざるを得ません。

一方、クリニックでの医療レーザー脱毛では、一点にかかる照射量が多くなるため、効果が表れやすくなります。

このように、脱毛の効果については、医療レーザー脱毛のほうが効果が出やすいと言えるでしょう。

なお、全身脱毛の場合ですと、完了までにかかる回数の目安は、

  • 光脱毛:12~18回
  • 医療レーザー脱毛:8~12回

となります。

したがって、「早く脱毛を済ませたい!」という場合には、クリニックでの医療脱毛がオススメということになりますね。

費用

費用に関して言えば、クリニックでの医療脱毛の費用は、脱毛サロンでの脱毛と比べて圧倒的に割高です。

1回あたりの全身脱毛の費用は、

  • クリニックでの医療脱毛:60,000円程度
  • 脱毛サロンでの脱毛:9,000円程度

であることが多いです。

もちろん、クリニックや脱毛サロンによっても料金に差はありますが、おおよそこのくらいの差が出てきます。

 

このように、脱毛サロンでの脱毛とクリニックでの医療脱毛には、それぞれにメリットとデメリットがあります。

あなたの脱毛計画と照らし合わせてみて、メリットが多いほうを選ぶようにするといいでしょう。

このページの先頭へ