タトゥーがあっても脱毛できる?照射すると火傷しちゃうの?

タトゥー

最近では、ファッションとして取り入れられてきた「タトゥー」。

昔と比べると、タトゥーを入れている方もずいぶんと多くなりましたよね。

では、タトゥーを入れていると、脱毛サロンに通うことができないのでしょうか?

今回は、タトゥーと脱毛の関係について、お話していきたいと思います。

タトゥーお断りの脱毛サロンは少ない!?

まず、「タトゥーを入れていると、脱毛サロンと契約自体ができないのか?」ということですが…。

決して、そんなことはありません。

一部の脱毛サロンではタトゥーを入れている方との契約を不可としていますが、ほとんどの脱毛サロンではタトゥーを入れていてもOKです!

「じゃあ、問題なく全身をツルツルにできるね♪」と思われるかもしれませんね。

ところが、タトゥーを入れていると、脱毛の施術に制約がかかってしまうんです。

続いては、光脱毛とタトゥーの関係について、お話していきましょう。

光脱毛だとタトゥー部分に照射できない!?

実は、光脱毛では、タトゥー部分に光を照射することができません

光脱毛は、IPLなどのマシンを使用して、「メラニン」を光で刺激することによって行います。

「メラニン」というのは、要するに黒い部分のことなんですね。

通常ですと光が黒い毛に反応することで脱毛効果を得るのですが、この光がタトゥーにも反応してしまうんです。

タトゥーに光が集まると火傷やお肌のトラブルを引き起こしかねないので、ほとんどの脱毛サロンでタトゥー部分の施術はNGとなっているというわけです。

そのため、施術は、

  • タトゥーの部分を避ける
  • タトゥーをシールなどで保護する

などしての照射となります。

以上のことから、光脱毛では、「タトゥー部分のムダ毛を処理することはできない」ということになります。

ただ、タトゥー以外の部分の施術は可能です。

例えば、背中にワンポイントのタトゥーが入っている場合は、背中全体が施術できなくなるわけではなく、そのワンポイントの部分だけが施術不可となります。

タトゥーがある際には、カウンセリングのときにスタッフさんに「タトゥーを避けての施術は可能か?」ということを確認してみてくださいね。

なお、その他の脱毛できない条件を知りたい方は、こちらの記事(脱毛はこんなときにはできない!~脱毛がNGとなる条件とは?)をご参考にしてください。

タトゥー部分を脱毛したい場合はニードル脱毛がおすすめ!

「どうしてもタトゥー部分を施術したい!」という場合は、光を使用せずに脱毛をする「ニードル脱毛」がおすすめです。

ニードル脱毛は、毛穴のひとつひとつに電流を流して毛根を破壊する方法なので、メラニンはまったく関係ありません。

そのため、タトゥーのほかにも、ホクロやしみなどの部分にもしっかり効果が現れます。

費用は光脱毛と比べてかなり高額ですが、「タトゥーの部分だけはニードル脱毛にする」というのもアリでしょう。

[参考]

ニードル脱毛と光脱毛の違いについては、こちらの記事(ニードル脱毛やレーザー脱毛とは?~フラッシュ脱毛との違い)をご覧ください。

 

残念ながら、タトゥーを入れている部分は光の商社による脱毛できないということがわかりました。

しかし、その他の部分については施術が可能!

まずはカウンセリング時にスタッフに相談したうえで、脱毛プランを立ててみてくださいね。

このページの先頭へ