脱毛中にはお肌の保湿をするのはなぜ?おすすめの方法とは?

脱毛中は、定期的にお肌への負担がかかってしまいます。

そこまで大きなダメージではないものの、脱毛中に敏感になっているお肌のことは、しっかりと考えてあげたいですよね。

そんな脱毛中にいつもより大切にしたいのが、お肌の「保湿」です。

保湿

今回は、脱毛とお肌の保湿の関係について、お話していきたいと思います。

脱毛中にお肌を保湿をしたほうがいい理由

まずは、脱毛中にお肌を保湿を行う理由について、お話します。

毛が抜け落ちやすくなる

乾燥しているお肌は固く摩擦が起きるため、毛が抜けにくい状態です。

保湿をしっかり行ってお肌に充分な水分がいきわたっていれば、ムダ毛がするっと抜けやすくなります

脱毛施術後は脱毛サロンでも保湿を行ってくれますが、普段の生活の中でもしっかりと保湿を行いましょう。

痛みが軽くなる

乾燥しているお肌はバリア機能が低下しているため、痛みを強く感じやすくなっています。

対して、しっかり保湿がされたお肌は、柔らかく弾力があるため痛みを感じにくくなるんです。

「脱毛の痛みが強い…」と感じている方は、普段の保湿ケアを見直してみることをおすすめします。

お肌の状態が良くなる

保湿をしっかりと行い乾燥を防ぐことで、お肌のトラブルを防止することができます。

お肌にツヤができてみずみずしくなるので、お肌の状態もぐっと向上します

脱毛サロンによっては、お肌の水分量が30%以下だと施術ができないこともありますので、しっかりと保湿を行いましょう。

 

このように、お肌の保湿は、脱毛にも大きく関わる重要なスキンケアだということが分かりましたね。

では、具体的にどのように保湿を行っていけば良いのでしょうか。

お肌を保湿する方法

顔の保湿方法

まずは、顔の保湿方法についてのポイントです。

洗顔はぬるま湯で

高温のお湯は、お肌の水分を奪い取ってしまいます。

人肌ほどのぬるま湯(35度~37度)で洗顔を行いましょう。

化粧水を塗る

洗顔をしたあとは、化粧水でお肌に十分に水分を補給します。

あまり強く叩かず、ポンポンと軽く押し込んでいくイメージで行うといいでしょう。

乳液を塗る

補給した水分を閉じ込めるため、乳液を塗ります

乳液の油分で、お肌にフタをします。

体の保湿方法

次に、体の保湿方法についてのポイントです。

ボディーソープを洗い流すときはぬるま湯で

顔のときと同様に、高温のお湯はは乾燥の原因になってしまいます。

ボディーソープは、人肌ほどのぬるま湯で洗い流しましょう

ボディクリームやボディオイルで水分補給を

シャワーのあとは、ボディークリームやボディーオイルで、お肌にしっかり水分を補給します。

べたつきが気になる場合は、仕上げにベビーパウダーなどを叩くと良いでしょう。

 

以上、脱毛中のお肌の保湿について、お話してきました。

お肌の保湿は、脱毛中でなくともとても大切なスキンケアです。

しかし、お肌への負担が大きい脱毛期間中は、いつもより丁寧に保湿を行うように心がけましょう。

しっかり保湿を行うことで、より効果的に脱毛を進めていくことができますよ!

また、施術を行った直後には、お肌をいたわるためのさまざまな禁止事項があります。

詳しくはこちらの記事(脱毛後にやってはいけないこととは?~忘れがちな禁止事項~)でご紹介していますので、ぜひ合わせてご覧になってください。

このページの先頭へ