脱毛はこんなときにはできない!~脱毛がNGとなる条件とは?

脱毛は、少なからずお肌に刺激を与えてしまうものです。

なので、お肌の状態や体調が良好でなければ、残念ながら脱毛ができないことがあります。

NG

今回は、どんな場合に脱毛ができないのか、その条件について、お話していくことにします。

妊娠中

妊娠中の脱毛は、ほとんどの脱毛サロンでNGとなっています。

実際のところ、脱毛の施術自体が妊娠に悪影響を及ぼしてしまうわけではありません。

ですが、妊娠中のホルモンバランスの変化によって、お肌にトラブルが起こりやすいためです。

また、ホルモンバランスが変化しやすいために、脱毛効果が出にくいとも言われています。

妊娠中は、契約を一旦お休みできる脱毛サロンもありますので、一度確認してみましょう。

日焼け

日焼けがひどい場合には、ほとんどの脱毛サロンで施術をお断りしています。

脱毛サロンでは、黒い部分に反応する特殊な光を照射して、脱毛効果を得ます。

なので、過剰に日焼けをしている場合には、日焼けした部分に光が反応してしまうことがあります。

そうすると、火傷やお肌のトラブルのリスクが高くなってしまうからです。

タトゥー

タトゥーがある場合も、「日焼け」と同様の理由で施術ができません

やはり、黒い部分に反応してしまうため、火傷のリスクが高くなってしまうんですね。

なお、ワンポイントでタトゥーが入っている場合には、その部分を避けての施術となることが多いです。

ホクロやシミの部分

ホクロやシミの部分も、施術を行わない脱毛サロンが多いです。

小さなホクロなどでも、黒色であることに変わりはありません。

ですから、火傷やお肌のトラブルが起きる可能性があるためです。

ちなみに、ホクロやシミの部分は、シールなどで隠して照射を行います。

また、ニキビ跡や傷跡なども色素沈着を防ぐため、シールで隠して施術します。

生理中

生理中も、施術を行わない脱毛サロンが多いです。

ホルモンバランスが変化しており、お肌にトラブルが起こりやすいためです。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

[参考記事]

生理中でも脱毛はできる?それともダメ?当日キャンセルは?

持病がある

肝臓病や皮膚病などの持病がある場合も、施術ができないことがあります。

ただし、それぞれの脱毛サロンによって、どんな病気が施術NGとなっているかは異なります。

ですので、カウンセリングの際に聞いてみましょう。

また、かかりつけの病院があるのならば、医師に「脱毛して大丈夫か?」ということをしっかり相談しておきましょう。

予防接種を打った

ワクチンを打つと、体内ではいろいろな変化が起こります。

体質によっては、体調を崩すこともあります。

そういったことから、脱毛当日の前後10日間くらいに予防接種の予定があるケースでは、施術ができないことが多いです。

予防接種を受ける際には、脱毛の予定と被らないようにスケジュール調整を行いましょう。

飲酒をしている

アルコールを摂取している状態では、施術を行わない脱毛サロンが多いです。

アルコールが体内にあると、血液の巡りがよくなります。

すると、お肌へ刺激が強くなり、お肌のトラブルの原因になりやすいためです。

脱毛前の飲酒は、厳禁です。

 

いかがでしたでしょうか?

脱毛サロンによっては、この他にも施術がNGになる条件がある場合もあります。

これらのことは、カウンセリングの際に説明されますから、万が一の事故を防ぐためにもしっかりと聞いておきましょう。

このページの先頭へ