脱毛の施術当日に持参する持ち物と適した服装はどんなもの?

いよいよ、脱毛サロンでの施術の当日です。

でも、初めての施術では、

  • 持ち物は?
  • 服装は?

など疑問がいっぱいですよね。

持ち物

そこで今回は、施術当日に持っていきたいアイテムと適した服装について、お話していくことにします。

施術当日の持ち物

まず、施術日に持っていきたいアイテムについて、ご紹介していきましょう。

会員証

会員証は、必須アイテムですね。

会員証がないと、受付に時間がかかってしまうこともあるので、絶対に忘れないようにしましょう。

シェーバー

万が一剃り残しがあった際は、その部分を避けての照射となってしまうこともあります。

ですので、念のためにシェーバーを持っていくことをおすすめします。

ただし、シェービングが無料の脱毛サロンでは必要ありません。

洗顔フォームやクレンジング剤

顔脱毛を行う場合には、施術前にメイクを取ります。

脱毛サロンには、備え付けのアイテムがあることがほとんどです。

しかし、お肌に合う・合わないがあるので、普段使い慣れている洗顔フォームやクレンジング剤を持っていくと安心です。

帽子やサングラス

こちらも、顔脱毛を行う場合の持ち物です。

施術後の肌はとてもデリケートで、紫外線の影響を受けやすくなっているため、UV対策が必須です。

なので、深めの帽子や顔を覆うくらいのサングラスなどを用意しておくと良いでしょう。

スキンケア用品

施術後はスタッフの方が保湿を行ってくれますが、乾燥肌の場合ですと保湿が不十分になることも考えられます。

普段からお肌がカサつきやすいという方は、ボディクリームや乳液などのスキンケア用品を持参していくことをおすすめします。

メイク道具

顔脱毛をする・しないに関わらず、施術中は顔を伏せることも多いので、化粧が崩れがちです。

パウダー・口紅・チーク・アイメイク用グッズなど最低限のメイク道具は持っていくようにしましょう。

施術後に、メイクルームで化粧直しをすることができます。

なお、ポーチには、綿棒やコットンも一緒に入れておくと便利ですよ。

ヘアセットグッズ

お化粧と同様に崩れやすいのが、髪型です。

ワックスなどをつけても、仰向けに寝転がることで崩れてしまいます。

こちらもメイクルームで直すことができるので、ワックスやスプレーなどのヘアセットグッズを持っていくと便利です。

 

もちろん人によって、必要・不必要なものがあります。

あなたのスタイルに合ったアイテムを選んで、持参するようにしてくださいね。

施術日の服装

次に、施術日の服装について、ご説明していきます。

着脱しやすい服装で

施術中はガウンやキャミソールに着替えるので、着脱しやすい服装を選びましょう。

脚だけや腕だけの脱毛の場合は、上半身と下半身のどちらかのみの着替えとなる脱毛サロンも多いので、上下で別れているものがおすすめです。

反対に、全身脱毛の場合は、すっぽりと着脱できるワンピースがおすすめです。

アクセサリーは控えめに

施術部位の近くにつけているアクセサリーは、外す必要があります。

「外したまま忘れて帰ってしまった…」などということもあるので、アクセサリーは控えめにしておきましょう。

髪型はできるだけナチュラルに

さきほどもお伝えしたとおり、髪型はとても崩れやすいです。

せっかく巻髪スタイルにしても、「施術後はぐちゃぐちゃ…」ということにもなりやすいので、ナチュラルなヘアスタイルがおすすめです。

 

施術日だからといって、特別な持ち物や服装である必要はありませんが、これらのアイテムを持っていたりや服装であればとっても便利です。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

このページの先頭へ