光脱毛ってやっぱり痛いの?~その理由と強く出る部位とは?

怖い

脱毛を始めるにあたって心配なのが、「施術中の痛み」という方もいらっしゃるでしょう。

「脱毛は痛いって聞くからこわい…」と不安をお持ちなのではないでしょうか?

そこで今回は、「光脱毛の痛み」について、お話していくことにしましょう。

光脱毛が痛いのはどうして?

まずは、光脱毛では、どうして「痛み」が生じてしまうのか、その理由をお話していきます。

光脱毛の「照射」は、毛の黒い部分に反応する特殊な光を当てて行います。

この光は熱を持っており、毛根を焼いて毛乳頭を破壊してしまうことで、脱毛効果を得ています。

照射は皮膚に光を当てるため、毛根を破壊してしまうほどの熱を毛根周りの皮膚も同様に感じているということになります。

要するに、この熱を感じることが、光脱毛の痛みの原因なのです。

脱毛効果を得るためには、避けられない痛みだということがお分かりになりますね。

光脱毛の痛みはどのくらい?

痛みの感じ方には個人差がありますが、多くの方は「チクっとするくらい」とおっしゃっています。

つまり、「余裕を持って耐えられる程度の痛み」だと感じている方がほとんどです。

例えるなら、ごくわずかな静電気を感じたり、輪ゴムをお肌にパチっと軽く当てたくらいの痛みです。

なので、痛みに弱い方でなければ、あまり心配する必要はないでしょう。

部位によっては痛みが強い!?

先ほど、「チクっとする程度の痛み…」とお伝えしましたが、実は部位によっては痛みが強いことがあります。

強く痛みが出やすい部位は、

  • うなじ
  • VIO
  • ワキ
  • 背中

などです。

痛みが出やすい部位の特徴としては、

  • 毛が濃い部分
  • 脂肪が少ない部分

ということが挙げられます。

「VIO」や「ワキ」は比較的毛が太く濃いため、光が集まり痛みが強く出やすい部位です。

また、脂肪量が少なく骨に近い「うなじ」や「背中」も、痛みが強くなりやすい部位です。

もちろん、これらの部位であっても「まったく痛みを感じない…」という方もいらっしゃいます。

ですので、痛みの感じ方にはあくまでも個人差があるということを覚えておきましょう。

なお、あまりにも痛みが強い場合には、スタッフの方に照射レベルを落としてもらうのも1つの手段です。

痛みに弱い方へのおすすめ

それでも、「痛みに弱いから脱毛が不安…」というあなたには、ディオーネなどの「痛みが少ない施術法」を取り入れている脱毛サロンがおすすめです。

ディオーネでは、特殊な光で毛を処理していきます。

通常の光脱毛とは異なる性質の光を使用しており、高熱処理をする必要がありません。

そのため、熱が生じず、痛みを最小限まで減らすことができます。

どうしても痛みが不安という場合は、ぜひこういった脱毛サロンをご検討してみてくださいね。

 

痛みの感じ方には個人差がありますが、ほとんどの場合はあまり気にする必要はありません。

VIOなどは痛みが強い部分ではありますが、最近の施術はとてもスピーディーなので数分我慢していればすぐに完了してしまいます。

もし、耐えられない痛みが発生した場合は、スタッフの方に相談して照射強度を変更してもらうなどの対策をしましょう。

このページの先頭へ